留学記第 3 章 ~私という無名の存在~

ここでは前回紹介できなかった奨学金について書いている