田舎学生の海外大学院学位留学挑戦記

とある田舎出身の学生が海外大学院での学位留学に挑む汗と涙と命を賭けた壮絶な体験記です。

留学記第 3 章 ~私という無名の存在~

[ 奨学金という名の特急切符 ]

第 2 章で伝えきれなかった奨学金についてだ。
前回のブログで書いたように、春休み 2、3 月に奨学金のリストアップを強くお勧めした。
ここでは、奨学金の種類 (自分が受けた財団) について今回は紹介したい。

奨学金の重要性

このブログで何度も書いてきたが、アメリカ、イギリスなどの理系大学院生は学生でありながら研究員に近い形で働いている。
彼らは報酬として学費と生活費を支給され、研究成果を対価として教授に提供する。

研究費獲得が大変なのは万国共通であるから、そこに優秀な学生が資金を持ってきてくれれば、研究室としては安い予算で雇うことができ、出願に際して有利な立場に立てる。
また、奨学金を取れるということは第三者から優秀であると証明されたことでもある。
加えて、自分のお金でもって研究を進めるため、研究の自由度がある...など多くのメリットがある。

また、イギリスの場合、EU 圏外の学生にはアメリカのように学費・生活費が一切出ないため (少なくとも入学から数年のあいだは出ないため)奨学金獲得が至上命題となる (400 万近くの学費と生活費を毎年払えれば必要はないが...) 。

応募した奨学金団体一覧

以下では、2016 年度に筆者が応募した財団について紹介する。
募集期限や支援内容は年によって変更されることがあるため、参考にされる場合は必ずご自身で確認していただきたい。

伊藤国際教育交流財団

対象 : 日本人学生 (修士または博士課程希望者)
対象分野 : 全分野 (ただし出願地域別で 3 コース)
授業料:300 万以内 / 年
生活費:コースによって異なる
給付期間:2年
募集人数:3 コース合計 15 名 (コースによって募集人数が異なる)
募集期限 : 8 月下旬頃
URL : http://www.itofound.or.jp/home

中島記念国際交流財団

対象 : 日本人学生 (修士または博士課程希望者)
対象分野 : 情報科学生命科学、又は経営科学 
授業料:300 万以内 / 年
生活費:20 万円 / 月 + 支度金 50 万円
給付期間:2 年 (ただし生活費は最長 5 年)
募集人数:10 名
募集期限 : 8 月下旬頃
URL : http://www.nakajimafound.or.jp/index.html

村田海外留学奨学会

対象 : 25 歳以下の日本人または永住権をもつ学生(学部または博士前期)
    37 歳以下の准教授・講師・助教・助手、ポストドクター、大学院(後期課程)
対象分野 : 法学、経済学・経営学、理学、工学
授業料:? 万以内 / 年
生活費:? 万円 / 月 
給付期間:2 年
募集人数:2-4 名
募集期限 : 8 月中旬頃
URL : http://www.muratec.jp/ssp/guidance1.html

船井情報技術科学振興財団

対象 : 日本人学生 (博士課程希望者)
対象分野 : 理工系分野、生命科学分野、および、経済・経営分野
授業料:全額 / 年
生活費:2,500米ドル / 月 + 支度金 50 万円
給付期間:2 年
募集人数:10 名程度
募集期限 : 9 月下旬頃
URL : http://www.funaifoundation.jp/scholarship/scholarship_summary.html

吉田育英会

対象 : 日本人学生 (博士課程希望者)
対象分野 : 人文科学系分野、社会科学系分野または自然科学系分野
授業料:250 万円 / 年
生活費:20 万円 / 月
給付期間:2年
募集人数:5 名程度
募集期限 : 9 月下旬頃
URL : http://www.funaifoundation.jp/scholarship/scholarship_summary.html


この他にも、フルブライトなど学費生活費をフルカバーしてくれるものや、経団連等々の一部支援まであるので広く見てほしい。

因みに、イギリス志望者は Chevening という英国外務省が提供する 1 年間の支援もあるので、イギリスの修士課程進学者はぜひ参考にしてほしい。(筆者はこれに出願しておけばと後々公開した。)
http://www.chevening.org/japan

参考サイト

ここでは、僕が参考奨学金のリストアップに使用したサイトを紹介する。

ryugaku.jasso.go.jp


abroadoctor.blogspot.jp